MENU

髪が乾燥してパサパサだったのに、シャンプーを変えることでふわふわになりました

髪をパサパサにしないシャンプー

 

髪がパサパサで、毛先があちらこちらに向いてまとまりが悪く、ドライヤーをかけると特にパサパサが酷かったんです。

 

シャンプーは良くして髪の清潔は心がけていたし、パーマなんて髪が傷むと聞いてからは10年もかけていません。

 

原因をはっきりさせるため、ネットや本で髪がバサバサになる原因について調べてみました。

 

調べている内に、自分の使ってるシャンプーの問題点が分かったんです。

 

それからシャンプーを見直して1〜2カ月もすると、髪のパサパサはなくなり、フワフワでしっとりしたボリューム感が出てきました。

 

どうして髪がパサパサしたのか、その原因と見直して使った新しいシャンプーについてご紹介します。

 

髪がパサパサする原因

 

髪のパサパサは、水分、脂分が足りなくて乾燥した状態、簡単なこのことに気付くことが大切です。

 

髪の乾燥は、シャンプーで髪と頭皮の脂分を全て洗い流すことで起こる、これが原因の全てと言ってよいくらいです。

 

乾燥した髪にドライヤーをかければ、当然ますますパサパサは酷くなります。

 

どうしてこんなことが起きるの?使っているシャンプーをチェックしました。

 

 

間違っていたシャンプー選び

 

これまでコマーシャルのイメージでシャンプーを決めていました。指通りが良いので、良いシャンプーだと思ってたのは全くの間違いでした。

 

シャンプーを選ぶときに、重要なのは美しい宣伝文句ではなく、洗浄成分で選ぶことが大事なんです。

 

洗浄成分には3種類あります。

1.高級アルコール系:石油などから作られ刺激、洗浄力どちらも強力で、皮脂を全て洗い流します。たいていの人が使っているものです。

 

2.石鹸系:自然の成分であっても洗浄力は強く皮脂を洗いすぎ、弱アルカリ性は乾燥肌には合いません。。

 

3.アミノ酸系:たんぱく質をつくるアミノ酸は自然な成分です。洗浄力も適度で保湿に必要な皮脂は残す髪に頭皮に優しい成分です。

 

 

 

私の使っていたシャンプーの洗浄成分はラウレス硫酸Naでした。

 

シャンプーの成分表

 

上の画像には、高級アルコール系の洗浄成分ラウレス硫酸Naが入っていますね。これは頭皮と髪の脂分を全て洗い流す界面活性剤です。

 

これが原因で、髪が乾燥状態になりパサパサしていたんです。

 

洗浄力も刺激も強い洗浄成分には、次のようなものがあるので、ご注意ください。。

ラウレス硫酸ナトリウム(Na)

ラウレス-2硫酸アンモニウム

ラウレス硫酸TEA

 

 

正しい洗髪の仕方

 

髪のケアはシャンプーに始まってシャンプーに終わるといいます。それだけ洗髪の仕方が大事ということです。

 

シャンプーで間違いやすいことは、頭皮や髪をゴシゴシ擦ってしまうこと。頭皮は顔の皮膚と同じという気持ちで丁寧に洗うことで、乾燥を防げます。

 

洗髪が乾燥した髪や頭皮の原因になりやすいため、正しい洗髪をしているか、一度チェックをお願いします。

 

38℃のお湯をかける

 

髪にかけるお湯は体温に近い38℃くらいにします。熱いお湯やシャワーの圧力が強いと、キューティクルが立ち上がって髪が膨らんでしまいます。

 

この時強くかけずに、髪の毛にお湯を含ませるというイメージで濡らします。

しっかりと泡立てる

 

シャンプーの仕方を間違うと、せっかくのツヤツヤの髪がパサパサになってしまいます。

 

手の平でしっかりと泡立て、髪を洗うより頭皮を洗うという心掛けでシャンプーします。

シャンプーは髪よりも頭皮を洗う

 

シャンプーは「頭皮」の汚れや老廃物を洗い流すように行います。

 

髪の毛でなく、頭皮にシャンプーをつけて、頭皮マッサージをするように洗うことで、髪も頭皮も健康になります。

シャンプーは良くすすぐ事が大事です

 

最後にシャンプーのすすぎ残しがないようにすすぎます。

 

シャンプーの洗浄成分で選ぶ

 

正しい洗い方をすることはとても大事ですが、いくら正しく洗っても、使うシャンプーがラウリル硫酸Naなどの洗浄成分(界面活性剤)だと、髪はパサパサになってしまうことに注意してください。

 

 

アミノ酸シャンプーのすすめ

 

「アミノ酸シャンプー」は、洗浄力が適度なので皮脂を必要なだけは残しますし、刺激が無く髪・頭皮に優しいので髪がパサパサすることがありません。敏感肌やアトピーの人でも安心して使えるシャンプーなのです。

 

 

 

次がアミノ酸の洗浄成分です。
シャンプーの成分表に

ココイルグルタミン酸

ココイルアラニン

ラウロイルメチルアラニンNa

ココアンホプロピオン酸Na

のように「ココイル〇〇」「ラウロイル〇〇」「ココアン○○」と書かれているものが、アミノ酸系の洗浄成分です。

 

アミノ酸系の洗浄成分は幾つかを組み合わせ、それぞれの長所を引き出しています。

 

アミノ酸シャンプーのメリットをまとめました。

 

刺激が少ないので頭皮や髪にやさしい

適度な洗浄力なので必要な皮脂は残る

保湿力があるので乾燥肌を防ぐ

弱酸性のため髪がパサパサしない。

比較的泡立ちが良い

アミノ酸は体の成分なので頭皮や髪に馴染む

 

天然成分100%のアミノ酸シャンプーのすすめ

 

ハーブガーデン 

 

パラベンフリーというのは「パラベン」という防腐剤は入っていません、という意味です。でも、アミノ酸シャンプーがパラベンフリーとしていても、「フェノキシエタノール」などの違う防腐剤を使っているものが殆どです。

 

防腐剤を避けたい理由は、体に良くないからです。防腐剤は活性酸素を過剰に発生させることが分かっています。

 

過剰な活性酸素は、細胞を破壊するほどの悪い影響をあたえるので長期的には体に負担をかけてしまいます。

 

天然成分100%のアミノ酸シャンプーは、天然成分の組み合わせで腐敗を防止するように、防腐剤を入れない努力をしています。

 

そのようなアミン酸シャンプーを探していて見つけました。それがハーブガーデンです。

 

少返金保証がハーブガーデン注文の背中を押してくれました

 

ハーブガーデンは、定期購入だと半額の1本2,000円で2か月間使える量が入っています。これだけ高品質のシャンプーが2,000円は安いよと美容師さんが仰ってたんですけど、効果が無かったら・・・と少しためらいはありました。

 

でも、効果がなければ、15日間の全額返金保証で全額返してもらえると分かると、注文ができました。定期購入とはいっても、2本目が配達されてない時なら、解約もできるので注文しやすかったです。

 

ハーブガーデンを使ってみて

 

ハーブガーデン配達

 

注文して3日後に配達され、開けてみると緑色のボトルのハーブガーデンが出てきました。

 

早速シャンプー。予洗いで髪の汚れを落とし、シャンプーを泡立てると予想以上に泡立ちが良いのに少しびっくりでした。

 

ハーブガーデンは泡立ちが良い

 

1分間頭皮マッサージをしながらシャンプーする繰り返し。時折ハーブが微かに香るのがなかなか心地よいです。

 

シャンプーの後でドライヤーで乾かしても指通りがサラサラだったので、脂分が残ってると実感しました。

 

2か月間使い終わりそうなので、2本目はそのまま配達してもらいます。

 

天然成分100%なので、安心して上の6歳の子供にも使っています。子どもの目にも沁みないので、嫌がらないんですよ。

 

この2か月の間に、髪には大きい変化がありました。気になっていた髪のパサパサが無くなり、しっとりフワフワした髪に変わって来たんです。

 

今はしっとりしたツヤが出てきてるので、毎日のシャンプーが楽しみです。

 

 

>>ハーブガーデンの詳細はこちらから

 

 

 

このページの先頭へ